ヒロの本棚

本、映画、音楽、写真などについて書きます!!

【音楽】KING GNU「情熱大陸」出演!!

昨日の「情熱大陸」にKING GNUが出演していました。

ずっとファンだった僕は感慨深いです!!(ファン歴3ヶ月ですがw)

 

 

f:id:hiro0706chang:20200224110245j:image

*写真はMステですw

 

メンバー一人一人の素顔に迫った内容で、ニワカの僕にもKING GNUの音楽の魅力が伝わってきました。

ロックなんだけど、バックグラウンドにジャズ、ファンク、クラシックなどの要素があって独特の音になっていますね(^O^)

 

あと、前々から感じていましたがリーダーの常田大希の戦略性がスゴイと思いました。

たまたま売れたのではなくて、市場を分析して「売れる音楽」と「自分たちがやりたい音楽」をパッケージングしてKING GNUの音楽を生み出していて、売れるべくして売れた印象を受けました。

なんか、サッカー中田英寿の若い頃のようなクレバーでふてぶてしい感じがしてアンチも多そうですね。

でも、カリスマ性あるし僕は好きです!!

 


情熱大陸 King Gnu 2020年2月23日【King Gnu/音楽と愛が群れをなす…4人組実力派ロックバンド】

 

 

ボーカルの井口理の俳優活動も興味深いですね。

又吉直樹の『劇場』の映画に出演しているみたいです。

www.oricon.co.jp

 


山﨑賢人主演『劇場』に、King Gnu井口理出演 同い年の劇団主宰役  映画『劇場』本予告解禁

 

んー、観たいです。

原作も読んでないので読まなきゃー。

 

 

KING GNUの今後の活動ですが、アルバムはしばらく出さないってことみたいですね。

もうすぐ全国ツアーも始まるみたいですが、チケットもソールドアウトみたいですね(^_^;)

今後も彼らの活躍から目が離せません!!

 

hiro0706chang.hatenablog.com

hiro0706chang.hatenablog.com

hiro0706chang.hatenablog.com

 

 

 

ブログランキング参加中!!良かったらポチッとお願いします!! 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

【雑記】大阪でもまれた男。家族旅行も弾丸ツアー!!

2泊1日の弾丸ツアー家族旅行で大阪に行ってきました!!

愛媛→大阪でフェリーが出てて、22時出航で翌朝早朝には着きます。

今回、土曜日の夜に出て、日曜日遊んで月曜の朝に帰る日程です。

 

フェリーで泊まりながら行くと、宿泊費と時間の節約になるので良いですね☆

何よりフェリーが快適で好きです。

f:id:hiro0706chang:20200223224603j:image

夜景を眺めながらのクルーズ♪


f:id:hiro0706chang:20200223224608j:image

海遊館行きました
f:id:hiro0706chang:20200223224557j:image

ちぢみウマー(^^)


f:id:hiro0706chang:20200223224547j:image

あべのハルカス


f:id:hiro0706chang:20200223224533j:image

海遊館のクラゲ


f:id:hiro0706chang:20200223224618j:image

四天王寺&あべのハルカスのコラボ。

 


f:id:hiro0706chang:20200223224537j:image
f:id:hiro0706chang:20200223224612j:image

夜は新世界で串カツとビール!!
f:id:hiro0706chang:20200223224552j:image
f:id:hiro0706chang:20200223224543j:image

 

串カツ美味かった!!

ビールたくさん飲んでフェリー中です(^^)

 

 

 

 

 

【雑記】わん吉さんとコラボ楽しかったです!!はてなブログで良かったなぁって思ったこと。

☆わん吉さんとコラボ!!☆

 

以前、わん吉さんがコラボ募集記事を書いて、ソッコーのっかりました!!

なんか、面白そうだなって思ったら即動く!!

それが、ヒロクオリティー

www.tokuniyarukotonaikara.work

 

この日がたまたま休みだったこともありますが、コラボ記事をアップしたのは僕が一番早かったみたいですね(笑)

お金がこれだけあったら何に使うかな~みたいな夢がある記事でした。

うーん、やっぱ別荘とかワイナリーとかいいっすね~。

お金稼がなきゃ。

hiro0706chang.hatenablog.com

 

 

あとは、現実的な目標としてフランスで行われているメドックラソンに参加してみたいな~。

ボルドーのワイナリーでワインを飲みながら走るクレイジーなマラソン大会なんですよ(^O^)

やっぱり、お金を稼ぐことって大事ですねっ!!

 

あと、7月に都内で開催が噂されている某大型HOUSEパーティーには行きたいなぁ。

なんとか嫁を説得したいっす。

うん、やっぱり夢や希望があったほうが人生楽しく生きていけますね!!

わん吉さん、企画ありがとうございました!!

コラボとっても楽しくて、他の参加者の方とも交流の機会が持ってて良かったですよ~。

 

 

 

☆突然!!言及!?☆

最近、発見したのですが、他のはてなブロガーさんからリンクで自分の記事を貼られると「あなたのブログが○○さんに言及されました」とか表示されるんですよ!!

えっ、言及!?

なんか悪いことしたかな!?

 

もしかして、この間○○さんに、○○して○○だったこととかな?

いや、去年○○ちゃんと、○○に行って、○○したことかな?

ってソワソワしましたが、他のはてなブロガーさんがリンクで自分の記事を貼ってくれるとこういう感じで表示されるみたいですね~。

良かった。

 

さっそく、僕も言及させて頂きました(^O^)

いきなり言及された皆様すみません。

でも、コレって迷惑に感じる場合もあるのかな?

 

ひっそり、ブログ書いてたのに言及とかしてくんじゃねえぞ!!

このポンコツよれよれメガネおやじがっ!!

とか思われたらどうしようとかも思うんですよ。。

まあまあ、チキンハートなんで。

 

 

 

はてなブログでヨカッタネ☆

 

まぁ、本当にはてなブログで良かったなと最近しみじみ思うんですよ。

他のブログだったら続いていなかったかもしれない。

レスポンスもらったり、繋がったりしながら、ブログをすることで巡りあった皆がいるから続けていられると思います。

 

以前から強く思っていることがあります。

それは、人のつながりが力を持って運命を変えていくこと。

人と人とが繋がり合って生むエネルギー、ムーブメントはとても果てしないと思います。

 

20代の頃、一緒にクラブに遊びに行ったり、パーティーでDJやったりした時にすごく人のつながりの力を感じました。

人と人とが出会って生まれたエネルギーがうねりを持ってムーブメントになっていく。

ちいさなうねりかもしれないけど、そんな瞬間をたくさん体感できたのは貴重な体験だったと思います。

 

はてなブログでいつもコメント、スター下さる皆さんのこともありがたく思っています。

そういう交流があるから続けていけるのだなと思います。

一期一会のネット上の交流だとしても、僕にとっては大事な関わりです。

昨日の映画だけど、リメンバー・ミーって歌いたいですね(笑)

 

わん吉さん、コラボ企画ありがとうございました!!

パソコン壊れて、大変だったみたいですが(^_^;)

これからも、よろしくです♪

www.tokuniyarukotonaikara.work

 

 

↓良かったら、クリックお願いします!!ブログランキング参加中!!

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

【本】中村文則『何もかも憂鬱な夜に』~美や倫理や健全さから遠く離れて~

1、作品の概要

 

2009年に刊行された、中村文則6作目の小説。

主人公は刑務官で、拘置所で収容者たちの世話をする仕事をしている。

自らの心の不安定さと向き合いながら、夫婦を刺殺した未決囚・山井を担当し、徐々にお互い心を開くようになっていく。

 f:id:hiro0706chang:20200220205316j:image

 

 

2、あらすじ

 

乳児院の前に捨てられて、施設で育った「僕」は心の不安定さを抱えながら30歳になり刑務官をしている。

かつては自殺も企て、トラウマを抱えていた「僕」だったが施設の施設長である「あの人」に助けられて若干の不安定さを抱えながら、大人に成長していった。

 

しかし、「僕」は子供の頃から「死んだ全裸の大人の女を海辺で膝の上に乗せている」という奇妙で、現実的にはありえない記憶に悩まされていた。

そんな中、夫婦を刺殺した事件を起こした20歳の未決囚・山井を担当するようになり、次第にお互い心を開いていくようになる。

 

「僕」は17歳で自殺したかつての親友・真下のことを何度も思い出し、自分の中で処理しきれない想いを抱えていた。

真下は川に飛び込んで自殺し、様々な想いを書き綴ったノートを「僕」送りつけていた。

その中には「僕」の恋人・恵子に対する想いと抑えきれない性欲、両親への強いストレスが綴られていた。

 

また、かつて拘置所に収容されていた佐久間に同情し、彼の罪を見逃したことで釈放されて、彼が再び強姦の罪を犯したことに罪の意識と、信頼を裏切られた感情を抱いていた。

佐久間と病院で再会した「僕」は佐久間の挑発に理性を失い暴力を振るってしまう。

 

このまま、心の闇に引きずられてしまうのか?

それとも「あの人」のように生きられるのか?

「僕」は生き方の選択を迫られる。

何もかも憂鬱な夜に (集英社文庫)

何もかも憂鬱な夜に (集英社文庫)

 

 

 

 

3、この作品に対する思い入れ

 

2度目の再読で確か3~4年前に読んだのだと思うけど、内容はあらかた忘れてしまっていてビックリしました。

当時は、ただ暗い話としか認識しませんでしたが、命や、希望の要素もあったのだなと気付きました。

『銃』『遮光』(両作品とも好きですが。)は破滅的なラストでしたが、それ以降の作品は絶望にのたうちまわり、心の闇に呑まれても、それでも混乱の中で生きていく一筋の光が描かれていると思います。

この作品も再読して、僕にとって特別な作品になりました。

hiro0706chang.hatenablog.com

hiro0706chang.hatenablog.com

 

 

 

4、感想・書評

 ①私の記憶とトラウマ、「あの人」との関わり

「僕」は「死んだ全裸の大人の女を海辺で膝の上に乗せている」という奇妙で、現実的にはありえない記憶を抱えて生きています。

なんだか村上春樹1Q84』の天吾の記憶のようでもありますが、子供が大人の女を抱えられるわけもなく、また海を見たこともなかったので不可解な記憶として「僕」の中に残ります。

この古い記憶の原風景は中村文則が幼少の頃に抱えていたイメージだそうで、作者自身の意識・幼少期の混乱と密接に繋がっています。

 

真下からも、「あれは、お前の父親が母親を殺して、その場面をお前が見ていたんだ」と言われますが、真相は明らかにされずただ幼少期の心の不安定さの象徴として描かれているように思います。

 

「僕」は子供の頃、施設のベランダの柵の上を歩き、「あの人」に助けられます。

「自殺と犯罪は世界に負けることだから」と「あの人」は言います。

世界は中村文則の初期作品で頻回にでてくる言葉で、世界との対立や、阻害が繰り返しテーマとして描かれています。

世界に負ける。

もし、「僕」が自殺や犯罪を犯してしまえば、孤児で恵まれない環境で育ったせいだと解釈され、それでは世の中に、運命に負けたことになると「あの人」は言いたかったのでしょう。

 

ベランダの柵の上を歩く行為も象徴的で、この時の心境ははっきりと描写されていませんが、ベランダの内側と外側のどちら側に落ちるのかによって生と死が隔てられる状況がその後の「僕」心の揺れを表しているように思います。

 

 「あの人」がいる光の側と、真下、佐久間がいる闇の側。

「僕」はその両側で揺れ動き、「あの人」に惹かれて憧れる心と、佐久間の悪意に当てられて狂気に走りそうになる心とで混乱しています。

刑務官という立場も象徴的で、この物語は主人公がどちらの「側」を生き方を選び取るのかの物語だと僕は感じました。

 

②真下が抱えていた闇、佐久間の悪意

真下とは中学からの親友で、お互いに何でも話せる仲でした。

とてもセンシティブで理屈っぽい真下は、親に対する鬱屈した想いから両親を殺す夢を見たりして、いつか自分がふさわしい場所に辿り着く=決定的に破滅する予感に苛まされ、また心のどこかでその瞬間を待ち続けています。

俺が、ちゃんと、俺にふさわしい結果に、人生の中でたどり着けたような感じだよ。それが善であれ、悪であれ、運命というのは、気にしないんじゃないかな。そもそも運命は善とか、悪とか、考えないだろう。これが俺の、俺の人生のふさわしい結果、行くべき結果だったと思う。・・・染み込んでくるんだ。段々、生きている実感が。

真下は、「ふさわしい結果」にたどり着いていない自分は生きていないとも言い、その瞬間を待ち続けています。

「人間の核が現れる瞬間。」

自分の奥深くにある本質が現れ、余計なものが削ぎ落とされより洗練され破滅していく瞬間。

 

暗い闇の中から何者かが手招きしていて、何もかも駄目になってしまう瞬間を心待ちにしている。

それは、ひとつの予感であり、その瞬間を待ち望みながらも狂気にとらわれて精神のバランスを崩していきます。

両親の不仲や、うまくいかない高校生活などの暗い日常も真下の心を狂わせ、両親を殺す、恵子を襲う、そして「僕」も殺すイメージに苛まされます。

 

「・・・だめになってしまいたい。美や倫理や健全さから遠く離れて」

混乱し、闇に囚われた真下には美や倫理や健全さは強すぎる太陽の光のように真下には眩しく、その輝きに近づけなくなっていったのでしょう。

こういった破滅願望や心の闇は誰しも心のどこかに持っているものかもしれませんが、真下の弱く柔らかい精神は、深い闇に絡め取られ、彼の肉体を深い水のそこへと引きずり込んでいってしまったのでした。

 

「僕」も 本来は自分はひどい状況にいるべき人間で、本来は犯罪者の「側」の人間なのではないかと揺れています。

・・・離れてしまいたい、って感じることがある。なんていうか、色々なものから。俺は本来、そうなんじゃないかって。

 そんな「僕」の心の揺らぎを佐久間は嗅ぎつけ闇に引き込もうとします。

佐久間は強姦の罪を犯しても全く罪の意識はなく、あくまで利己的に生きている悪意の塊のような人間です。

『悪意の手記』でも、殺人を犯して少年院を出ても、何の両親の呵責も感じずに「感動大作RPG」を買っている少年、「人を殺しても朝日が美しいと感じられる人間」が描かれましたが、同じ種類の人間なのでしょう。

佐久間が秘めた悪意は、青い服の少年も彷彿とさせます。

hiro0706chang.hatenablog.com

 佐久間は言います。

「倫理や道徳から遠く離れれば、この世界はまったく違ったものとして、人間の前に現れるんです。まるで、何かのサービスのように。」

「あなたはどうなんでしょうね。何かの衝動、というよりは、むしろその先にあるものでしょうか。・・・あなたはどちらかと言えば、こっち側の人間です」

「なぜならこういう存在は、私だけじゃないから。誰か教えてくれませんか!なぜこんな人間が存在するのか!しかし、あなたのおかげだ!あなたのおかげで最後に一人!あなたがあの密書を取り消してくれたおかげた!」

悪意の塊のような存在です。

「僕」は佐久間の悪意に絡め取られるように、彼を暴行し、危うく外国人の売春婦も殺しそうになります。

佐久間の言う「こっち側」に行きそうになります。

 

③「僕」はどちら側を選ぶのか?山井との関わり

佐久間に暴行を加えたことで刑務官の仕事も謹慎になり自暴自棄になる「僕」でしたが、そんな時も「あの人」の言葉と記憶が「僕」を助けます。

人は、誰か信頼できる人、憧れている人との暖かい思い出や、自分の存在を肯定してくれる言葉があれば生きていけるのかもしれません。

 

前を向いてなくてもいい、悩んで、混乱していてもいいから、ただ生きていくこと。

生きづらさを抱えて、闇の中を彷徨っていても命を紡いでいくことは何よりも尊い

中村文則の「生きる」のメッセージは決して前向きに生きることではなくて、ただそこにいて生きていくことを言っているのだと思います。

ネガティブで、生産性に乏しくても、存在し続けて欲しい。

そんな願いが込められているように思います。

そして、世界には音楽、文学、絵画、映画など美しいものがあって、それらに触れて生きることは人としての喜びであると。

 

太古の昔から繋がっている命。

最初に誕生したアメーバから自分に向かって真っ直ぐと伸びる生命のロープは太く、奇蹟としか言い表せない尊いものだと語られています。

そう考えると、運命に抗う力も湧いてくるのかもしれません。

 

結局、「僕」が選んだのは「あの人」の側の生き方でした。

恵子の言うように「僕」は「あの人」のようになりたかった。

そして、山井にかつての自分を重ねてあの人のように彼の心に光を灯して、音楽や本を与えます。

その時に山井が聴いた音楽がバッハのオルガン「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ」でした。

 

バッハの音楽は人間の魂の奥底まで届き、慰撫するような深い安らぎと深みを湛えていると感じます。

殺人犯で死刑囚の山井にバッハを聴かせて、控訴させる。

一見意味のない行動かもしれませんが、最後までしっかりと自分のした行動を見つめさせてしっかりと生きさせる。

そういう意味のある行動であったと僕は思います。

 

僕は怒りが脇、手で壁を打った。

あの人の姿が頭に浮かんだ。

「確かにお前の言うのはそうだ。お前が生きてると、辛い人間がいる。お前が死んだって元に戻らんが、お前の死を遺族が望んでるなら、せめて、残った人間をこれ以上不幸にする必要はない。お前は死ぬべきかもしれない。でも、でもだ、お前は生まれてきたんだろ?お前はずっと繋がってるんだ。お前の親なんてどうでもいい。俺だって親はいない。俺が言いたいのは、お前は今、ここに確かにいるってことだよ。それなら、お前は、もっと色んなことを知るべきだ。お前は知らなかったんだよ。色々なことを。どれだけ素晴らしいものがあるのか、どれだけ綺麗なものが、ここにあるのか。お前は知るべきだ。命は使うもんなんだ

 

 

 

5、終わりに

 

いつも、中村文則とか、村上春樹とか自分の好きな作家の感想を書く時は緊張しますし、大体最初は何を書いていいか全く分からず、嵐の海をコンパスなしで進むみたいな頼りない気持ちで書き進めていきます。

当然、時間がかかるしブログのアクセス数だけ考えると非効率極まりないのですが、自分の好きな作品を時間をかけても納得のいく形で書く事はこのブログのアイデンティティなので、続けていきたいと思います。

できれば、ササッとスマートに書きたいのですが、思い入れがある作家・作品ほどそうはいきませんね(笑)

 

読書感想を書く時、毎回物語の中に「潜る」イメージがあります。

何を書いていいかわからない混沌としたイメージと言葉の海から自分が表現したい言葉をひとつずつ拾い上げていきます。

それは、とても根気のいる作業なのですが、それをすることによって物語の「核」に近づくことができるような気がしています。

気のせいかもしれませんが(笑) 

やはり、毎回検討外れなことを書いているような不安は拭えません。

 

書き上げた後は、最後の一滴まで絞り出したマヨネーズみたいにカラカラになってグッタリしますが得も言われぬ達成感に包まれます。

まだまだ読書感想を書きたい本もたくさんありますし、中村文則村上春樹の作品の感想を全て書くまでは頑張っていきたいです!! 

 

hiro0706chang.hatenablog.com

hiro0706chang.hatenablog.com

hiro0706chang.hatenablog.com

 

 

 

↓ブログランク参加中!!良かったら、クリックお願いします!!

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

映画『リメンバー・ミー』心温まるピクサーアニメの傑作!!2/21の金曜ロードショーで地上波初放送!!

 1、作品の概要

 

2018年3月に日本で公開されたピクサーのアニメ映画。

キャッチコピーは「それは、時を超えて―家族をつなぐ、奇跡の歌

メキシコを舞台にした「死者の日」の不思議な出来事を家族愛をテーマに語った作品。

また、音楽が重要なキーとなる作品であり、主題歌の「リメンバー・ミー」は劇中でも繰り返し歌われる。

 f:id:hiro0706chang:20200220124710j:plain

 

 

2、あらすじ

 

ミュージシャンを目指すミゲルは、「音楽禁止」の家に生まれたが夢を捨てられずこっそりとギターの練習を続けていた。

ミゲルは死者の日の音楽のコンテストに出場しようとするが、祖母エレナに見つかりギターを壊されてしまう。

 

あきらめきれないミゲルは、『リメンバー・ミー』をヒットさせたミュージシャン・デラクルスの霊廟に忍び込み、彼のギターを拝借しようとするがギターを弾いた瞬間、彼の姿は生きている人間には見えなくなり、逆に死者が骸骨で見えるようになってしまう。

死者の日に死者の物を盗んだ生者は死者の国に飛ばされるという、言い伝えがあったのだ。

 

ミゲルは死者の国に生き、高祖母のイメルダに助けを請い、元に戻るためには先祖の許しが必要でイメルダはミゲルに許しを与えようとするが、交換条件に音楽をやめることを持ち出したため、ミゲルは逃げ出してしまう。

 

ラクルスを自分の先祖だと信じ、彼を探すミゲルだったが、そんな折にデラクルスの友人を名乗るヘクターに出会う。

ヘクターは、デラクルスに引き合わせる代わりにミゲルが生者の国に戻った時に自分の写真を飾るように交換条件を提示し、2人の死者の国での冒険が始まる。

 

何故、ミゲルの家では音楽は禁止されているのか?顔の部分が切り取られた高祖父はデラクルスなのか?


映画『リメンバー・ミー』日本版予告編

 

3、この作品に対する思い入れ

 

家族でDVDで観たのですが、めちゃくちゃ良い作品でした!!

ラストはマジで泣けてきてしまい、トイレに駆け込んで号泣しました。

子供らがいる前で泣くのは恥ずかしいので(^_^;)

お話としてもよくできていて、大人も子供も楽しめるし、最後は感動して良い作品です!!

リメンバー・ミー (吹替版)

リメンバー・ミー (吹替版)

  • 発売日: 2018/05/29
  • メディア: Prime Video
 

 

 

4、感想(ネタバレなし)

 

軽い気持ちで子供達とDVDをレンタルしてきて観たのですが、すごく良い映画でした。

まずメキシコの「死者の日」の物語というところがエキゾチックで良かったですね(^O^)

「死者の日」は、日本のお盆と同じような感じで、ご先祖様がこの日だけ現世に帰ってくるという話みたいですね。

 

ただ、日本のお盆よりお祭りが盛大に行われていて、骸骨の飾りや、仮装の人があちこちに溢れているらしいです。

リメンバー・ミー』を観て初めて知りましたが、メキシコ独特の文化ですね~。

めっちゃ、カラフル♪

mexinavi.com

 

そして、物語のキーに音楽があり、ミゲルの家は高祖父が原因で音楽が禁止になっていました。

なので、ギターも屋根裏でこっそり練習しています(^_^;)

結局、見つかってギターも壊されしまい、挙句の果てに死者の国に紛れ込むことになってしまいますが、結果的に家族の秘密、自分のルーツをさぐる旅になります。

 

音楽のシーン、コンサートのシーンなども多いですが、ラテン音楽っぽくて良い感じです♪

ヘクターは藤木直人が日本版の声優をやってます。


藤木直人&石橋陽彩がハモる! ウン・ポコ・ロコ/映画『リメンバー・ミー』本編歌唱シーン

 

そして、この物語の一番大事なテーマは「家族愛」だと思います。

ミゲルは死者の国を冒険し、真実にたどり着くことで先祖から続く、家族それぞれが想い合う温かな家族愛に気づきます。

そして、ミゲルの家が何故音楽禁止だったのかの謎も解け、わだかまりが溶けます。

 

肉体には限りがあり、いつかは必ず皆平等に死んでしまうのだけど、ずっと忘れずに想い続けることができれば心の中に生き続けることができる。

そんな物語でした。

 

 

 

5、終わりに

 

今回は、ネタバレなしで放送前にオススメする感じで書いてみました(^O^)

ピクサーといえば『トイ・ストーリー』『カーズ』が有名ですが、僕は『リメンバー・ミー』が一番好きです。

あっ、『SING』も捨てがたいっ!!

 

リメンバー・ミー』は明日2/21に21時から、日本テレビ金曜ロードショーでノーカットで地上波初放送です♪

是非、ハンカチを用意してご鑑賞下さいませ☆

 

 

今週のお題「大切な人へ」

はてな今週のお題の大切な人との絆を描いた作品だと思います♪

 

 

ブログランキング参加中!!良かったら、ポチッとお願いします!!

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

【雑記】話題のレモンサワー檸檬堂を飲んでみた話☆

こんばんワイン!!

こう見えて実は、お酒は毎日飲んでいるタイプのヒロおじさんです♪

 

ん、どっかで聞いたことある出だしですって?

いや、気のせいですよ!!

僕は、パクリなんてしませんから!!

 

sekitoba1007.hatenablog.com

 

すみません。。

ホントはパクってました(>_<)

最近、何かと共通点が多いとお互いはしゃいでる赤兎馬さんのパクリでした(笑)

からの、無断転載(笑)

 

子供が2人とも男の子だったり、サッカー好きだったり何かと共通点が多いんですが、赤兎馬さんはバレンタインデーにママ友からたくさんチョコもらってて超うらやましかったです!!

えっ、僕ですか?

それ聞きます?

あの・・・。

まだ。

間に合いますよ?

女性の皆様。

 

あと、嫁からチョコもらえてない旦那繋がりでもありますね(笑)

僕は、今年も嫁様にチョコを献上しましたとさw

 

 

さて、表題の「こだわりレモンサワー 檸檬堂」こと檸檬堂が大人気です!!

売り切れ店舗も続出みたいで話題になってますね!!

関係ないけど、『鬼滅の刃』もめっちゃ売れてて、売れ切れとかありますねー。

すげー人気です。

 

先日、檸檬堂がドンキで売っていたので、試しに買ってみました!!

普段は、糖質0のビールを飲んでいることが多いのですが、ちょっと試してみました♪

 

f:id:hiro0706chang:20200219212426j:image

 

もちろんアルコールは9%の鬼レモン!!

ゆめなーらばぁーーーー。

それ、米津のレモン!!

 

ごほん。。

失礼。。

 

いや、率直に言って檸檬堂、美味しかったですよ!!

普通のサワーより果実味が強くて飲みやすく、かつちゃんとお酒な感じがしました。

ワイン漫画『神の雫』ばりに表現するとしたら、恋人とピクニックで深い森の中に来て、彼女の膝の上でうたた寝をしているみたいな感じのサワーですね!!(なんじゃそりゃw)

 

まぁ、とにかくレモンレモンしていて梶井基次郎もびっくりの檸檬感がたまりませんでした。

オススメでございます。

 


f:id:hiro0706chang:20200219212907j:image

でも、普段はやっぱりワイン!!スパークリングはカヴァが好きです。辛口!!


f:id:hiro0706chang:20200219212918j:image

赤ワイン♪


f:id:hiro0706chang:20200219212903j:image

生中でカンパーイも大好き♪


f:id:hiro0706chang:20200219212914j:image

↑バーで飲むカクテルも好き♪コレは雪国だったかな?JUJUは愛媛で最強のバーっす!!


f:id:hiro0706chang:20200219212856j:image

↑たまにはモエで萌えーーー!!


f:id:hiro0706chang:20200219212910j:image

↑次男1歳の頃。中身は空ですよ(笑)

 

 

 

そんなわけで大体毎日お酒飲んでますー。

でも、プロテインのお陰で肝臓は大丈夫です!!

タンパク質は肝臓の栄養分なんですよー。

hiro0706chang.hatenablog.com

 

 

そんで。

誠に恥かしながら。

ここでいっておかなければならないことが・・・。

ブログの執筆は8割・・・。

 

酔っている時に書いてます(>_<)

 

ホロ酔いの時がうまく書ける気がしますね~。

そんな、酔拳ブロガーヒロ」をこれからもよろしくお願いします。

 

 

 

☆ストロングHIRO!!☆

 

怪獣「ぐはははは。この星は脆弱な生物ばかりで話にならんな!!このまま滅ぼしてやる!!」

?「待て!!」

怪獣「何っ!!」

ヒロ「この星の平和は俺が守る!!ひろキック!!」

怪獣「ぐわっ!!やられ・・・。ん?全然効かんわ」

ヒロ「えっ、なんで?」

怪獣「鍛え方が足りんわ!!そんなんだからジムに2年通っても、筋肉量が平均以下なんだよ!!このポンコツメガネがっ!!」

ヒロ「ぐわっ!!何故それを!?」

怪獣「キサマがブログに書いていたのであろう」

hiro0706chang.hatenablog.com

 ヒロ「こんちくしょう!!卑怯だぞ!!この野郎!!」

怪獣「いや、フツーにネットに公開されてたから。ゴメンね?つーか口の悪いヒーローだな」

ヒロ「こうなったストロングヒロに返信するしかない!!返信!!いや、変身!!」

f:id:hiro0706chang:20200219213016j:image

説明しよう!!

ヒロはアルコール9%のストロングゼロを飲むことにより、ストロングヒロに変身することができるのだ!! 

 

ヒロ「すーとーろーんーぐーひーろー」

怪獣「な、なにーーーーー」

ヒロ「必殺!!デビルリヴァース!!マーライオンテキーラビィィィイィイィィィイxム!!」

 

説明しよう!!

ヒロはテキーラを飲むことで口からゲ・・・、いや強力なビームを出すことができるのだ!!

良い子は決して真似するよな!? 

 

怪獣「ぐわぁぁぁぁぁ。」(きたねーーーーーーー)

ヒロ「ははは。地球の平和は俺が守る!!うぷっ。おええええええええええええええええええええ」

地球の平和は守られた!!

ありがとうストロングヒロ!!

この世に悪が蔓延る時、きっと君の街にもストロングヒロが現れる!!

 

 

 

いや、いろいろすみません。

えっ。

今日ですか?

あっ、はいもちろん酔ってます。

本当にすみません。

恥の多い人生でした。

それでは、みなさんおやすみなさい。

 

 

 

 

↓君もクリックしてストロングヒロを応援しよう!!テキーラ!!クラッシュ!!

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

【サッカー】UEFAチャンピオンズリーグラウンド16!!舞台は決勝トーナメントへ!!

さぁさぁ、皆さん始まりますよ!!

何がって、あーたサッカーのUEFAチャンピオンズリーグ ラウンド16ですよ!!

グループリーグが終わっていよいよ決勝トーナメントに突入!!

ホーム&アウェイで勝敗を競います!!

んー、楽しみですね!!

 

f:id:hiro0706chang:20200218211636j:plain

 

 

 

UEFAチャンピオンズリーグの魅力☆

 

UEFAチャンピオンズリーグとは、ヨーロッパ各国の上位チームによって争われるカップ戦で、事実上の世界最高峰のレベルの大会です!!

ワールドカップよりレベルは断然上で、得られる賞金額、放映権料も桁違いでビッグクラブが目の色を変えて参加している大会です。

 

各国リーグの上位チームが参加するのですが、リーグ自体のランキングによって参加できるチーム数が変わってきます。

ランキング上位のスペインのラ・リーガイングランドプレミアリーグなどは4チーム参加でき、ランキング下位のチームは1位じゃないと参加できなかったり、予備選からの参加だったりします。

 

予備選を経て、全32チームで4チームでホーム&アウェイの計6節のグループリーグを戦い、上位2チームが勝ち抜いて、いよいよ本番の決勝トーナメントに突入するのですよ!!

 

ある程度、優勝できるチームが限られているリーグ戦とは違い、一発勝負(ホーム&在アウェイの2戦ですが)のトーナメント戦。

どこが優勝できるかは予測不能です!!

 

そして、チャンピオンリーグならではの夢のカードが実現するのが最大の魅力!!

 

今回も、ドルトムントVSパリSG、A・マドリーVSリヴァプールナポリVSバルセロナチェルシーVSバイエルン、R・マドリーVSマンチェスターCなんてラウンド16からビッグカードが目白押しでヨダレが出まくりですよ!!

 

あとは、独自のルールでチャンピオンズリーグ最大の発明とも言われるアウェイゴール方式があります。

これは、2戦の合計が同点だった場合、アウェイでの点数が2倍になるというルールで通常アウェイではディフェンシブに戦うサッカーの常識を覆し、攻撃的に戦うチームがより勝利に近くなり、スリリングで攻撃的なゲームが増える要因となりました!!

UEFA!!グッドジョブ!!

 

 

 

☆第1戦のスケジュール☆

 

2月18日(火)
ドルトムント 29:00 パリSG
A・マドリー 29:00 リバプール

2月19日(水)
アタランタ 29:00 バレンシア
トッテナム 29:00 ライプツィヒ

2月25日(火)
ナポリ 29:00 バルセロナ
チェルシー 29:00 バイエルン

2月26日(水)
R・マドリー 29:00 マンチェスター・C
リヨン 29:00 ユベントス

 

ってなわけで、19日(水)から試合開始なんです!!

ちなみに日本人はリヴァプール所属の南野が参加!!

まぁ、今年は出場はなかなか難しいかもしれませんが、じっくりフィットして来年頑張って欲しいです!!

hiro0706chang.hatenablog.com

hiro0706chang.hatenablog.com

 

 以前は、前所属チームでチャンピオンズリーグに出場した選手が、冬の移籍で新しい所属チームでもう一度チャンピオンズリーグに出るのは禁止されていましたが、最近OKになりました!!

UEFA!!グッドジョブ!!

 

個人的には、A・マドリーVSリヴァプール、R・マドリーVSマンチェスターCに注目してます!!

アツいゲームになりそうですね!!

 

 

 

☆優勝候補、対抗馬のチームは??☆

 

優勝候補はやっぱりリヴァプールでしょう!!

昨年の優勝チームであり、今シーズンもクラブワールドカップを制覇し、世界一の称号を手に入れて、プレミアリーグでも今だに無敗でこの時期にして優勝はほぼ決定的!!

今シーズンの強さは際立っています。

hiro0706chang.hatenablog.com

 

怪我人も復帰してきていて、FAカップなどでは主力をターンオーバーして休ませながら戦っています。

リーグで独走している状況もチャンピオンズリーグに専念できるプラス要因で、大事な試合を前にサブの選手でリーグ戦も戦うことが可能です。

 

対抗馬にマンチェスターCを挙げようと思っていたのですが、UEFAの財務上の規定に抵触し、不祥事で揺れまくってますね。。

んんー、残念。。

CL締め出し、リーグ戦優勝剥奪、降格とかね。。

悲しすぎます。

ひと昔前のユーベを思い出しましたね。

 

対抗馬の最右翼にはユベントスをあげたいと思います。

リーグ戦ではインテルとデットヒートを繰り広げていますが、ここにきてロナウドも調子をあげてきているし、照準をCLに合わせてくるのでは?

 

あとは、バルサバイエルン、R・マドリーですが、どこも今シーズンはパッとしない印象がありますねぇ(^_^;)

 

バルサ好きですが、監督解任に揺れて、チームの高齢化と、FW不足は深刻な気がします。。

デ・ヨング、アンスー・ファティの台頭など明るい材料もありますが、今シーズンはチームからオーラを感じません。

 

ダークホースはドルトムント

ザルツブルグから移籍のハーランドが冬に移籍してデビューから5試合で8ゴール!!

はい、正真正銘の化け物ですよ。

まだ19歳。。

末恐ろしいですねぇ。

そこまでたくさんプレイを観たわけではありませんが、長身で、スピードもあって、ゴールバリエーションが多いというところで、全盛期のヴィエリを彷彿とさせます。

 

ここ最近は、あまりサッカー観てませんでしたが、やっぱりCLの決勝トーナメント以降は楽しみです!!

去年が激アツの展開の連続だったので、今年も驚かせて欲しいですね!!

 

 

 

 

 ↓ブログランキング参加中!!良かったら、クリックお願いします!!

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村